プロフィール

Author:AS
低価格帯のイヤホン・ヘッドホンばかり集めている物好きです。
レビュー・比較の要望をメールフォーム、コメント、拍手から受け付けています。

~つぶやき~
5/14
***気づかないことが非常に多かったためメールアドレス、メールフォームを変更しました***
未インプレ
Image-S4 ATH-CKM500 ATH-CK303

メール

-最近の更新-
2013/5/14 更新。オススメ機種まとめ更新。

当ブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
QLOOKアクセス解析
カテゴリー
タグ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
HGP-755×T-289
HGP-755にT-289のドライバを移植してみました。
HGP-755がいかにも篭りそうな造りでおまけに低音が多いT-289のドライバでは、低音ボワボワホンになってしまうのではと懸念していましたが、案外スッキリした音になりました。
ドンシャリ傾向で低音はもちろんそれなりに多いですがどちらかというと高音のほうが目立つ印象。中域もハッキリ聞こえてきますし軽快でノリが良いです。T-289はポタプロ型ドライバを使用していますが、予想ではポタプロなどに比べると低音が少なくスッキリしているかと思います。
全体的には成功でした。これでHGP-755が音、質感ともに実売価格(ほぼ入手不可ですが)分の価値を得たわけです。

ドライバ移植だけなら簡単なのですが今回は手こずりました。というのも、T-289はどうも振動板が弱いのか傷つきやすいのか、音量や音圧の大きい音を鳴らすとビリビリとノイズが入るという症状が起きやすいのです。T-289のドライバは合計8つほど持っていたのですが、半分くらいのドライバでこの症状が起きました。改造中にも2個故障し、3回ほどドライバを交換する羽目になってしまいました。初期不良ではないので耐久面が弱いのかも。もちろん私の扱いが雑なせいという可能性もありますが。


スポンサーサイト
2011.01.19 Wed | 雑記 | T:0 | C:0
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
安売り中商品
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。