プロフィール

AS

Author:AS
低価格帯のイヤホン・ヘッドホンばかり集めている物好きです。
レビュー・比較の要望をメールフォーム、コメント、拍手から受け付けています。

~つぶやき~
5/14
***気づかないことが非常に多かったためメールアドレス、メールフォームを変更しました***
未インプレ
Image-S4 ATH-CKM500 ATH-CK303

メール

-最近の更新-
2013/5/14 更新。オススメ機種まとめ更新。

当ブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
QLOOKアクセス解析
カテゴリー
タグ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
お久しぶりです。
ご無沙汰しております。かなり間が空いた更新になってしまい申し訳ありません。

今回は本日までにもイヤホンやヘッドホンはすこしずつ新しく入手してきたのでそれぞれ簡単に使用感を書いていこうかと思います。

・イヤホン

・HA-FX18
Sofmapにて中古を1000円ほどで購入。Victorのカナル型イヤホンです。正直これといって印象がありません。普通の安価なカナル型イヤホンです。

・SE215
Sofmapにて中古を3500円ほどで購入。SHUREのカナル型イヤホンです。コードが着脱可能な点と非常に高い遮音性が特徴です。音質は低音寄りのやや柔らかめな音で冷静な鳴り方ですが、一方で生々しさがあるように感じます。音だけでいえば実売価格ではコストパフォーマンスは中の上程度に感じるのですが、SHUREがけ必須な点を除けば非常に無難な一品。

・Aurvana In-ear3
Creativeストアにてアウトレット品を6480円で購入。恒例(?)のアウトレット価格です。UE700を使用したときは「BA型でもデュアルだとこんなにダイナミックな音なのか」と思いましたが、こちらは割かしBA型らしい音だなという印象です。BA型らしい繊細さが売りで、フラットなバランスですがやや中域が主張しています。ある程度のノリの良さもあります。また、SHUREがけ必須な形状ですがSE215に比べてすんなり装着出来ます。低域がそれほど強くない機種ですが非常に良好な遮音性のおかげで屋外で使用しても低域不足に感じません。外使いにも向いていますが、音量が取れすぎるため環境によってはアッテネータがないと少々使いづらく思うことがあります。ノリの良さや楽しさがウリな機種ではないのであまり初心者向けではありませんが、基本性能だけでなく使い勝手もいいため非常に買いな一品です。




・ヘッドホン

・ATH-SJ33
Sofmapにて中古を900円ほどで購入。ATH-SJ11とATH-SJ33の中間に当たる機種ですが、音質や遮音性など共にATH-SJ11のほうが良かったです。

・Sportapro
Amazonにて2500円ほどで購入。Portaproと同等の音と評判の機種です。とにかく聴いていて楽しい音を出します。低音が特徴ではありますがそれに加えてボーカルや高域も埋もれずに聴こえてくるのが強みです。分かりやすい音なので初心者にも向いています。2000円台前半まで価格が下がっており非常にお買い得です。正直いってこの価格でSpotaproほど音質面で満足できる機種は他にはそうそうないでしょう。

・SHP9000
Sofmapにて中古を4500円ほどで購入。PHILIPSの開放型ヘッドホンです。現在生産終了につき入手出来ません。開放型のわりに密度がある音に感じます。フラットよりのバランスでありながら適度にノリも良い音を出します。装着感も非常に良好。当時の実売価格でもコストパフォーマンスはなかなかで、販売を続けていれば現在でも人気機種だったのではと思います。

・SR80
Sofmapにて6000円ほどで購入。GRADOのヘッドホンです。音はどこかアナログチックに感じます。ロック向きで、個人的にはバランスをもう少し無難にしたSportaproという印象です。

・HD7
Sofmapにて中古を1900円ほどで購入。PresonusというメーカーのヘッドホンでHD681(無印)と似た外観をしています。質感も似ています。音も似ています。プラグとイヤパッドまでほぼ同じです。やや高音よりの硬質なドンシャリという印象。当機種自体は悪くありませんがHD681があれば購入する必要はないというのが正直なところ。

・TH-WR700
Sofmapにて中古を3000円ほどで購入。BluetoothではなくKleerという技術を使用したTDKのワイヤレスヘッドホンです。低音寄りでややボーカルが詰まったような癖がありますがワイヤレスながら音質は良好です。特にノイズなども気になりません。また、遮音性と音漏れ防止性がかなり良好でポータブル性や音の傾向と相まって個人的にポータブルヘッドホンとしてオススメな一品です。




・その他

・HPM-2
大阪日本橋のPC系ショップにて1980円で購入。怪しいノーブランドのポータブルヘッドホンアンプです。写真や詳細はコチラのPC工房の販売ページをどうぞ。単四電池一本で20時間稼働し、低音と高音をそれぞれ簡単に調整できるダイヤルがあります。ブーストだけでなく弱めることもできます。iphone5からDock変換→ラインアウトで使用したところ、Fiio E3などに比べて明らかな味付けは感じられませんが特に劣化は感じませんし素直な音を出します。値段が値段なので音質向上に対する過度な期待は禁物ではありますが、この価格で低音と高音を簡易ながらに調節できるというのは他ではあまりないのではないでしょうか。

2013.01.25 Fri | 雑記 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
安売り中商品
おすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。